エンジニアのエンゲージメント

ITの仕事をしていると過酷な環境に置かれることは否めないのは確かです。
その環境で働いていても、いつも楽しそうにしているエンジニアもいれば、ハードな日々に苛まれてだんだんと意気消沈してしまうエンジニアもいます。
この差がどこから生じているのかをよく考えておくと、自分が働くのに最適な職場を選び出すことが可能です。
企業側の努力によってエンジニアがITの仕事がハードだと感じないようにすることが理想であり、エンゲージメントの向上に向けた工夫があるかを確認することが良し悪しを見極めるのに役立ちます。
エンゲージメントの高さは、上層部の指示によって行うことになる仕事へのやる気に直結する要素です。
自分がエンジニアとしてどのように成長していきたいかや、それと合わせてどのような私生活を送っていきたいかを考えたときに、仕事のあり方によって束縛を受けてしまうと厳しいと感じがちです。
しかし、どれだけ仕事が多かったり要求が大きかったりしても、それが自分がエンジニアとして目指す方向性に近づけるものであれば努力が苦になりません。
また、残業があっても私生活に支障がない範囲であれば、むしろ私生活を楽しむための給与が増えると解釈できるようになります。
このような形でエンジニアの様子に配慮しながら現場の状況の改善を図っている企業を選んで働くのは効果的な解決方法です。
積極的に上層部が現場の声を集めようとしているかどうかが、改善の努力をしているかを判断するのに役立ちます。